SERVICE サービス

〜すべてのエリア、人の未来のために〜
自動運転、新しい都市開発のために、より安価に、より高度な技術でダイナミックマップを作成する

ライアンロボティクスシステムズが生み出すダイナミックマップ*1は、これまで必要とされていたLIDARを用いず、単眼カメラとSLAM技術を応用したものです。このため、必要構成価格や準備工数などが従来よりも抑えられます。
私達がこの形を採用した背景には、日本の人口の1/4とも言われる交通弱者*2や全国の地域格差の是正には、ダイナミックマップの作成が急務であること、さらに、その取り組みが予算や地域、環境に左右されず、どこでも、だれもが享受すべきサービスであると考えたからです。

*ダイナミックマップ・・・高速道路や自動車専用道路の自動運転の実現を目的とする、高精度な3次元地図情報と渋滞情報や事故による通行規制などの位置情報を組み合わせたデジタル地図のこと。
*2 交通弱者・・・大別すると、(1)交通公共機関が使えない、使いにくさを考えている、あるいは自家用車を運転できない移動困難、不安を抱える方(2)子供や高齢者など交通事故に遭う リスクの高い方の2種。内閣府の調査によるとその総数は3,494万人にのぼる。

単眼カメラとVSLAM 技術を搭載したエッジAI デバイスを開発し、安価で高精度なダイナミックマップ作成技術を実現します

VSLAMが搭載されたエッジAI デバイス「VD-EDGE」の開発。更に3Dマップ撮影用の単眼カメラを開発。この2つのデバイスを組み合わせポイントクラウドデータと映像データを同時取得することを開発目標としています。LiDER搭載の専用車両よりも必要構成費を抑え、車両を問わず搭載できることを前提としているので、価格もより身近なものにします。
* SLAM…自己位置推定と環境地図作成を同時に行う技術で、屋内用の自動運転掃除機などにも活用されている

収集、作成した点群データをもとに、3Dモデリングの作成まで対応します

収集した情報をもとに点群データを作成した後、そのデータをもとに自動運転用のダイナミックマップに必要な白線や信号、建物、看板などをメッシュ化(ポリゴンデータ化)します。

CONTACT お問い合わせ

ライアンロボティクス株式会社に関するインターネットでのお問い合わせは下記まで、お気軽にご相談ください。
また、当ホームページについて、お気付きの点(誤字、脱字、リンク切れなどの不具合)がございましたら、
お問い合わせフォームよりお知らせください。
お寄せいただきましたご意見は今後の参考とさせていただきます。

ライアンロボティクスシステムズ株式会社
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-5
クイーンズタワー C棟 16F
Tel.045-264-9942 / Fax.045-264-9957